静岡県浜松市、鍼・灸を行っておりますあかり鍼灸院です。

あかりの不妊治療

大切なのは妊娠しやすい身体づくり

あなたもステキな
お母さんになれるよう
お手伝いしていきます

少し立ち止まって。
あなたの今の気持ち、確かめてみましょう。

「もっと回数を増やせば…」
「私のやる気が足りないから…」
治療方法が悪いんだ…」

このような考え方で不妊治療を行ってはいませんか。これでは気持ちが不安定になるだけではなく、身体も萎縮し、誰もがもつ妊娠の力を引き出すことができません。

根本の原因は治療法でも気持ち(やる気)でもないし、もちろん運でもありません。妊娠は授かるもの、子どもからあなたへやってくるものではないのですから。良くない思考に陥ってしまいがちな時期です。まず、自分の考え方を疑って見つめなおしてみましょう。

あかりの不妊治療では、この原因を身体が治療に耐え得る身体でなかったと捉えています。あらゆる手段を尽くしても妊娠に至れなかったのは、その手段を身体が受けつけてくれなかったからと考えます。

鍼灸治療は治療が効きやすい身体づくりからはじまります。

不妊治療のポイント

  • 鍼灸治療も不妊治療の一つの選択肢
  • 原因は「治療法」でも「やる気」でもない
  • 「治療が効かない身体」が一番の原因

深呼吸をしましょう。
こころとからだが一つになって、あなたなのです。

鍼灸治療は東洋医学から生まれた治療方法です。今では西洋医学と共存する形で有効な治療方法として広く知られるようになりました。この東洋医学にも通じる鍼灸治療の基本的な考え方として「心身一如」があります。言葉の意味などは他のウェブサイトで詳しく説明されているので書かきませんが、噛み砕くと「こころとからだはひとつ」ということになります。

こころとからだがバラバラになっている状態は、不妊の症状だけではなく、鬱などの精神疾患手足の冷え腰痛肩こりにまで関係があるのです。どれが欠けてもダメ。気持ちが落ち込んでいたら、身体も治らない。身体が疲れていたら、気持ちもふさぎ込みがち。そんな経験はないでしょうか。これが「治療が効かない身体」から「治療が効く身体」になるべきと主張する理由です。

「病は気から」と良くいったものです。

鍼灸治療のポイント

  • 「心身一如」
  • 気持ちを整理する治療
  • 治療の効く身体になるための治療

妊娠しやすい身体になるまでの
3つのステップ

ホルモンバランス・痛み・ストレス・冷えのケア

1.身体の不調を取り除く

生理痛を改善することで妊娠される患者さんもいらっしゃいます。痛みがあるときは身体によいエネルギーがめぐりません。手足の冷えなどに対しても有効な鍼灸の作用で身体の隅々まで治療を行います。痛みをとることは不妊治療への第一歩です。

2.心のバランスを整える

ストレスなどの影響で交感神経のバランスが乱れて気持ちのコントロールが効かない状態も大丈夫。鍼灸による刺激はこれを和らげる効果があります。アルファ派を増大させて心もリラックスでき、気持ちを整えます。

3.効き目を最大化して目的の治療を行う

心と身体が整うと、さらに鍼灸の刺激が通りやすい状態になります。ここで初めて不妊に有効な治療が始まります。生殖器に関係していくエネルギーを身体に充填させ、赤ちゃんを迎え入れる身体へ変えていきます。

院長からのメッセージ

こんにちは。
あかり鍼灸院 院長の羽根田です。

まずは、あなたの「つらさ」を話してください。
治療が長引いてつらい。
検査が痛くてつらい。
体の調子が悪くてつらい。
家族や親族の対応がつらい。
私は、これまで様々な「つらい」を聞いてきました。

当院は初めて来院される方ばかり。ほとんどの方が、治療を続けてもうまくいかない、鍼灸以外も試したという方です。

世の中には西洋医学以外にもたくさんの妊娠に良いとされる情報が溢れています。サプリ、健康食品をはじめ、ヨガ、ピラティス、整体等、いくつもの治療法があります。いかなる方法であっても、それに応えてくれる身体でなければ意味がありません。

今これをお読みになっているあなたが、まだ望む結果が得られていないとしたら、あかり鍼灸院での治療はそれを変える可能性は十分にあります。

あなたらしい日常を取り戻すことが
問題解決の近道と考えています。

鍼灸治療には「こころ」と「からだ」を適切な状態に変えていくチカラがあります。「こころ」が不調になれば「からだ」も影響を受けて体調も崩れてしまいます。「からだ」のダメージが「こころ」に与える影響も同様です。この関係は、鍼灸治療では「心身一如」といいます。

羽根田院長 あかり鍼灸院 院長 羽根田

あかり鍼灸院は安定期後もしっかりサポート

一般的に不妊治療というと、妊娠後の安定期までとされています。あかり鍼灸院では安心して子育てをはじめられることまでが、本当の不妊治療と考えます。子育ても母親自身の健やかなこころとからだがあってこそです。安定期後は「マタニティ鍼灸」、出産後は「産後ケア鍼灸」として手厚くサポートします。

妊娠後のさまざまなケア

マタニティ鍼灸」では、つわり逆子のケアをサポート。「産後ケア」では、骨盤のゆがみ・ゆるみ母乳量の安定化のほか、子育てによる寝不足のケアをサポートします。母子ともに健康に過ごすためのメンテナンスが大切です。

喜びのメッセージ:浜松市中区 Yさん 40代

私は一度自然妊娠をすることができましたが、その後流産してしまい、 不妊治療専門の病院へ通い始め、年齢的なこともあり、すぐに体外受精からのスタートでした。 その後また妊娠→流産となり、何度も体外受精をしましたが妊娠には至りませんでした。

"不妊に鍼治療がいい"というのは聞いたことがありましたが、 「これだけ色々やっているんだからそのうち結果が出るだろう」と思っていました。 でもやはり、焦りやプレッシャー、ストレスなどから常に不安な状態で、段々と精神的にも不安定になり、 しばらく治療をお休みせざるを得なくなってしまいました。それから治療を再開する時に、鍼治療が心のケアなどにも効果がある、と知ってますます興味が湧きました。

こちらのあかり鍼炎院に決めたのは、自宅から近いこともありましたが、HPに掲載されている体験者の方の喜びの声でした。 初診の時は、これまでの自分の治療内容を元にとても丁寧に力ウンセリングしてくださいました。 病院では常になんとなく張りつめた空気がある感じで、先生に聞きたい事があっても、いつも聞けずに後悔してモヤモヤしたまま…、という状態だったので、自分の不安な気持ちなども聞いてもらうことですごく楽になり、「本当に来てよかった」と思いました。 先生はすごく話しやすいので、相談事はもちろん、食べ物の話など毎回リラックスして楽しく治療が受けられます。

治療内容は、専門的な事はわかりませんが、その日の体調に合わせて鍼やお灸をしてくれます。 治療後は心も身体もすっきりと軽くなったような気がします。 ストレッチやウォーキングなどのアドバイスも、本当に親身になって言ってくれているのがわかり、 「頑張ってるね」と言ってもらえると自分自身もやる気が出てきます。

おかげさまで数ヶ月後に妊娠することができ、もうじき5ヶ月に入ります。 まだまだ不安はありますが、先生が『妊娠がゴールではなくて、産んでからその先までが大事』とおっしゃるように、妊娠してからも産後もサポートしていただけるそうなので、これからもお世話になりたいと思っています。

喜びのメッセージ:浜松市西区 Nさん 30代

20代の時から肩や首の凝りによる頭痛や吐き気、冷え症、運動不足、貧血…と体調不良のオンパレード。 不妊治療を2年続けましたが良い結果が出ず、薬だけに頼らず体質を改善したいと思っていました。 肩こりや首こりは病院でも改善されなく、どうしようか…と困っていた時に、鍼灸師さんにみてもらおう…と思ったのがきっかけでした。

自宅から近く、しかも不妊治療中の方が多く通っている「あかり鍼灸院」さんへ通院することにしました。 2回ほど通ううちに、肩や首が軽くなり、さらに回を重ねるうちに足もとの冷えもやわらいできました。

足腰の筋力不足も指摘され、自宅でもスクワットやストレッチも強化。体調や気力も以前より増し、疲れにくい体に変化していきました。 不妊治療専門の鍼灸院ではプレッシャーをかけられることもあると聞いたことがあるのですが、「あかり鍼灸院」さんでは、焦らず自分のペースで続けられるようにアドバイスをしいただけたことにも感謝しています。

鍼灸を始める前は採卵結果もゼロや2個…と散々な結果でしたが、3ヶ月の通院後は15個! 現在はおかげさまで妊娠6ヶ月となりました。病院だけで結果が出ない…という方は、ぜひ鍼灸の力も試してほしいと思っています。

喜びのメッセージ:浜松市中区 Mさん 30代

私は両側卵管閉塞のため、自然妊娠は難しいと言われ、最初から体外受精での不妊治療をしていました。 最初に通った総合病院から不妊専門クリニックに転院する時に「他に何か出来る事はないか」と考え、鍼治療をしてみようと思い、あかりさんへ行ってみることにしました。

男の先生で、若いし大丈夫かなと思いましたが、初診から丁寧なカウンセリングで安心できました。 その頃の私の体は、長年の仕事の激務のせいもあり、むくみもひどいし体中ボロボロで、まずは週2回の通院で体を整えることから始まりました。

鍼治療は思ってたほど痛くないし、翌日は体が軽くなった感じがして通うのが楽しみになっていました。 自宅でできるお灸も教えてもらいウォーキングやストレッチを無理のない範囲でするように。

そうして、段々と体質も改善され、通い始めて2年経った頃、6回の胚盤胞移植を経て待望の赤ちゃんを授かることができました。 時間はかかったけど「焦らずやれることをやっていこう」という先生を信じて治療を続けて本当によかったです。 とても話しやすい先生なので安心して通えると思いますよ!!

喜びのメッセージ:浜松市北区 Aさん 40代

交通事故がきっかけであかり鍼灸院に通い始めました。以前も交通事故に遭ったことがあり、鍼灸が良く効きました。 今回はむちうちだった為、長期化しました。事故から2週間位は背中の痛み、首の痛みが部位を変えて痛くなりましたが、あかり先生に診てもらうと楽になりました。

平成27年より不妊治療もしていました。あかり先生は不妊治療の知識も豊富で、交通事故治療、不妊についても良くなるように、 鍼灸以外ストレッチ、精神面のあり方も教えてくださいました。
平成27年 3月 AMH0.12、平成28年 9月 AMH0.02で、採卵は平成28年9月以外すべて失敗、 平成25年12月に採卵したものだけで勝負することになりました。 現在、先の卵子を子宮に戻し、12週まで成長しました。

今まで私がやってよかったこと

  • 不妊治療に鍼灸は有効(体調が良くなり妊娠しやすくなる)
  • 漢方薬(家計に支障が出ない程度)
  • 酵素風呂(免疫力が高まり、体が冷えなくなった)
  • 月1〜2ヶ月に一回、都会で鍼灸・整体マッサージを受けた(あかりさんに通う前から行っていたところ、自分に会う為継続して通う。)
  • 事故後は気功治療も効果ありました。
  • 光線治療(自律神経回復の為通う。事故にも不妊にも効果があった。体がポカポカして楽に)

不妊治療して今思うことは、41歳後半になって急に採卵できなくなり、閉経に近い排卵は、年1〜2回かもしれないと言われたこと。 41歳前半までは結果は未熟卵や受精せずでしたが、採卵はできていたのに急に卵子が採れなくなるのを実感しました。 だから不妊治療をはじめようと考えている方は、1日でも早いスタートが望ましいです。 私のように、インターネットでかかる費用とかを調べて悩んでいると、治療開始が遅れてしまいます。 まわりに不妊治療している人がいないと不安になりますが、あかり先生に相談すれば心強いし、今何をすべきか教えてくれます。 不妊治療は、精神的にも金銭面も大変です。私は2院通いましたがショート法でなく自然同期で毎月少ない卵子を採卵が合っていました。 40歳を過ぎたら自然同期の採卵が良いと思います。
AMH0.02でもう採卵はできませんが、今までの卵子2つのうち、1つ子宮に戻した分割胚(グレード1)今無事妊娠して12週まで成長しました。 卵子は数ではないです。少なくても質をあげることが大事だなと思いました。 「卵子の質を高める」本当にここが不妊治療のポイントで、医師によると体を一定の体温にするという事が大事と言っています。

あかりさんの治療や、私のやっていた漢方薬、酸素風呂、光線治療も全部体温をあげる治療でした。あかりさんには不妊治療の方や、妊婦さんも来られていて 女性も半分以上いるなと思うし、先生も気さくなので話しやすかったです。 まだ12週、生まれるまでは無理できませんが42歳で妊娠でき、あかりさんには本当感謝しています。 1人では悩みすぎてしまうこともありましたが、あまりネットでいろいろ調べると不安になりすぎるから見ないようにと言われたのも精神的に軽くなりました。

他にも多くの体験談、喜びの声をいただいています!

ページの先頭へ戻る

ご予約・お問合せ:053-443-8255

あかり鍼灸院
〒430-0851
静岡県浜松市中区向宿2-22-16

電話:電話をかける

line pink

copyright © 2016 AKARI Acupuncture & Moxibustion. All Rights Reserved.